授業を受ける学生たち
算数のテスト

postheadericon個別指導のメリット

例えば個別指導の学習塾の場合は、マンツーマン授業が基本となりますから、他人にあわせると言う必要がなくなります。
大きなクラスの予備校の場合は授業のスピードは一定となるので、もし授業についていけなかったとしても授業はどんどん進んで行ってしまいます。勉強と言うのは分からない事をその場で解決しておかないと追いつくまで時間がかかったり、その後追いつけなくなってしまうと言うこともあるので、そうなってしまっては大変な事になります。

そのため、そういう危険性がある学生は、大勢が一緒に受けるいうな授業よりも個別指導の授業を受けるようにした方が良いのです。
進学のために勉強をする場合であっても、普段の授業の補修として勉強をする場合であっても同じで個別指導はこのような生徒に向いています。

解答する小学生

postheadericon選択肢はさまざま

勉強をする環境と言うのは個人によって適したものとそうでないものがあります。
効率的に勉強をするためには、その人に適した環境で勉強をすることが大切ですので、まずはどういった環境が適しているのかを知りましょう。

予備校や塾に通う場合でも、一言で予備校や塾と言っても色々なものがあります。個別指導の学習塾や数人程度のクラス分けをされている塾、また一クラス数十人ほどが一斉の授業を受けるような予備校や、サテライトと呼ばれる形式でVTRの授業を受ける予備校など様々です。
これだけの選択肢があるのですから、その中でどの勉強方法が適してのかを知らないと無駄な時間を費やしてしまう事になりかねません。

勉強する小学生

postheadericon家庭教師はどうか

では、同じ個別なら家庭教師でもいいのではないかという考えもでてきます。
お子様によっては、家庭で勉強することでメリハリがつかなかったり、家庭教師と合わない、または合い過ぎてなれあいになるといった問題がでることもあります。
逆に家庭の方がリラックスして集中できるという場合もありますので、お子様にあうかどうかを吟味されて選ばれるとよいでしょう。そして、個人の家庭教師と違い、予備校や塾の個別指導では、勉強だけでなく、豊富な受験情報などを聞けるというメリットもあります。

お子様の成績を上げるため、決してお安くない金額を払うわけですから、できるだけ結果を出したいものです。
よくお子様の様子をみながら、そして自主的に勉強できるよう見守っていくことを忘れずに予備校や塾のサービスを利用したいものです。